看板メンテナンス

トキデザインでは既存の看板のメンテナンスも行います。
メンテナンス終了後は安全点検報告書を提出させていただいております。

「看板少し傾いてるなぁ。でもしっかり付いているみたいだし大丈夫か!」

決して大丈夫ではありません。
傾いてしまった原因は自然災害や施工時の耐久計算ミス等が考えられますが、
放っておけば金属疲労によってポールごと折れたり倒れる危険性があります。
事故が起こる前に点検をして下さい。

「電球が切れているぞ。でも他の電球は付いているし、
交換にはお金がかかるから何本かまとめて切れてから看板屋にお願いするか。」

切れた電球を放っておくと、その間ずっと器具に負荷がかかってしまいます。
そうすると器具の寿命が極端に短くなり、交換をしなくてはなりません。
電球交換の費用だけでは済まなくなるケースが非常に多いのです。
気付いた時に電球交換すれば器具も長持ちし、余計な費用がかかりません。
電球交換をする場合は切れている電球だけではなく、全ての電球を交換します
のでむら無く点灯維持できます。

「老朽化でサビが出てる・・・よく見たら板が落ち欠けてるなぁ。」

これは大変危険です!台風や地震で落ちてしまう危険性が大です。
板は意外にも重量があり、エッジも鋭いので人に当たれば大惨事です。
万が一そのような事故が起きた際、看板を掲載している事業者が責任を問われる法令があります。
大事故になる前に、撤去もしくはリニューアルをして下さい。

屋外広告物条例第19条:広告物を表示し、若しくは掲出物件を設置する者又はこれらを管理する者は、 これらに関し補修その他必要な管理を怠らないようにし、良好な状態を保持しなければならない。